2008年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

-- --/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

Tue 22/07/2008

ありえない二人

※このレビューは、「ゆすらうめ異聞」雑想記(本宅のエッセイ・ブログ)から移植してきたものです。ただし、少々手を加えてあります。(初掲載=2007年12月29日)

ありえない二人 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)ありえない二人 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
(2007/11/07)
山田 ユギ

商品詳細を見る


これ、読みましたよ~♪

表題の作品は、相変わらずよかった(笑)。

よかったのですが・・・でも今回ちょっと、なんて言うのかなあ。「これだ!」って突き抜けたような爽快感というか、山田ユギちゃんらしさというか。そういったもの、いわば「唯一無二、これぞ山田ユギ!」なパンチ・・・っていうのかな。そういったものに、やや欠ける気がしちゃいました。これは、偽らざる感想です。

ダメだとか、やだとか、楽しくなかったとか・・・そういうことじゃ、ないんですよ(笑)。上手いなあ、って思うし、絵もキレイだし、美味しいツボもあるんですけど。でもでもでも、なんでしょうね。なぜか少し弱い印象・・・たぶん、「これは山田ユギじゃなくっちゃ、絶対に描けないよなあ」って確信するポイント、それが薄かったんだと思います。

意外な設定(ここではネタバレなしなので伏せますね)の「意外性」も、なぜだかインパクトが(いつもよりほんのちょっとだけ)弱かったのは、気のせいかなあ。。。いかにも漫画的偶然、という印象が拭えない感じです。いつもは、そういうドラマに欠かせない「偶然」が、もっと自然に、もっと巧みに描かれる気がするんですね。

きっとわたし、山田ユギさん大好きなので、過大な?期待をしてるのかもしれません(苦笑)。彼女の尋常ではないレベルの高さに馴れてしまって、もっともっと、どんどん上を求めてしまうのかも・・・だとしたら、それって勝手な話ですよね(苦笑)。

でもでも!!

それを遥かに上回って、ものすごいインパクトで読者の心を鷲掴み(笑)にしちゃうのが、わたしのイチオシ、「ああ爆弾」シリーズです(笑)。これぞ、まさに山田ユギさんの真骨頂!

もう何年も前に、小説シャレードに不定期に連載されていて・・・そりゃもう、とにかく、ずっとず~っと、コミックスになるのを待っていたんですよ(笑)。欲を言えば、まだまだ続きが読みたいくらい。なにしろ、「ありえない二人」に足りないものが、ここにはすべて揃ってます(笑)。

☆パワフルに立ちまくってる個性的なキャラ
☆おいしすぎる設定・台詞
☆むちゃくちゃ設定なんだけど、勢いで読ませちゃうストーリー展開
☆この先どうなるのかイマイチ見えない、ドキドキ感

なにしろ、設定が美味しすぎます(笑)。ワケアリの黒髪、美貌の青年バーテンダー(家事能力ゼロ)と、彼に惚れて惚れて惚れまくって、ひたすら猪突猛進しちゃうスポーツジムの若いインストラクター(5歳年下、ヘタレ攻め)。

・・・これで、「春抱き」変換するなってほうが無理でしょ?(笑)

これをねえ、かつてもちろん、岩城さんを知らない頃に読んで、ものすご~くストライクな設定に萌えたわけですよね(笑)。今回、「春抱き」に脳内侵食された頭で読み返してみて、しみじみと悟りましたとも(笑)。

まさに、三つ子の魂百まで。

こういう関係性、こういうキャラの設定・絡みが、わたしは昔から好きだったんだなあ、って(笑)。

・・・ああ、そっか(笑)。そう考えると、どうして「ありえない二人」にイマイチ激しく反応しなかったのかも、わかるかもしれません。あっちのお話は、黒髪で根暗(系)のほうが攻めなんですよね~・・・ああ、なるほど。(と、自分ひとり勝手に納得しています。)

もひとつ>>

同時収録の「檻」は、ユギさんには非常に珍しいお話です。びっくりしました。

ミステリー仕立て、って言えないこともない。で、基本トーンがシリアス・・・なんですよね。いや、ユギさんのすごいところは、どんなギャグ炸裂コメディでも、恋する男たちのせつない思い(=シリアスな要素)を、きっちり盛り込むところなんですけど。でもこれは、ギャグ炸裂どころか、最後まで不安定でハラハラさせるの。

このお題(伏せてますが、タイトルから想像はつくかも?)を扱いかねた・・・のか、あえてテリトリーを越えた場所で、らしくない「違う」ストーリーを描いてみたかったのか。なんだか、そんなことが気になってしまいました。

スポンサーサイト
EDIT  |  07:53  |  BLコミックス(山田ユギ)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。