2012年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

-- --/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

Sun 04/11/2012

天国も地獄も (西田東)

この記事は・・・

2012年9月7日に、わたしのメインブログ「ゆすらうめ異聞 雑想記」に掲載した内容を、ほぼ丸のまま転載したものです。

上記ブログは毎日更新で、『春抱き』にこだわらず日常のあれこれをつづっています。

記事のうち、『春抱き』やBL作品(あるいはフツーの小説など)、特にレビューに関連のある記事のみ、こちらにコピーしています。








●たしかに

9月に入ってから、毎日そこそこ雨が降っているような。

・・・だからって、さして涼しくなるわけじゃないけど・・・(笑)。

あ、雷もけっこうスゴイですね。

夕刻、なかなか派手な稲妻と光に、飛び上がることもしばしばです。

うちあたりに降ったところで、水不足が解消されるわけじゃないんだろうけど、でも。

少しは、足しになってくれてることを祈ります。



●ときどき

覗いては、あれこれ楽しい。

http://fukko-department.jp/

できることは、いろいろあるなあと思います。



●先日ね

このコミックスが、うちに届きました。


天国も地獄も (バンブーコミックス 麗人セレクション)天国も地獄も (バンブーコミックス 麗人セレクション)
(2012/08/17)
西田 東

商品詳細を見る



通販の箱を開け、シュリンクラップを破って、取り出すでしょ?

で、まずは汚れるのがイヤなので、わたしは表紙(カバー)をはずしちゃいます。

それから、読むのに邪魔なので、中に挟み込まれているチラシやハガキを取り出します。

・・・さて、そのとき。

本のページに差し込まれているものを抜きだすわけだから、当然、そのページを開きますよね。

となると、自然に。

中をチラ見するつもりじゃなくても、偶然ひらいたそのページ、見えちゃいますよね。

一瞬のことだけど、でも。

特に注意を払っていなくても、見えちゃうじゃない(笑)。

「・・・ぐっ!」

あああ、今回は失敗でした(汗)。

そうやって開いたページが、よりによって、えっちの真っ最中だったんですね。

でっかい大人の男ふたりが、すっぽんぽんで絡み合ってるページ。

よりによって。

・・・あ、それが恥ずかしいとか、他人に見られたとかじゃないですよ?

「が、がっくり・・・!」

大してよく見なくても、一瞬ちらっと視界に入っただけで。

それははっきりと、受け攻めがわかっちゃう構図でした(汗)。

「おいおい、ネタバレやめてよ~」

この喪失感を、ナニにたとえればいいのか・・・?

『春抱き』以外のBLに関しては、ご存知のとおり、わたしはほぼ現役引退してます(笑)。

その手のマンガも小説も、その他の媒体も、ほとんど興味がわきません。

新しいおもしろい物を探そう、という気持ちもありません。

(正直、『春抱き』以上の作品が世の中に存在するとは思っていないし。)

ただ、ある意味これは惰性、というか。

(と書くのは、あまりにも失礼なんですけど!)

山田ユギちゃん、西田東さん、よしながふみさん(シロさん限定)に関しては、新刊が出れば買ってるんですね。

他の作品とはレベルがちがう、良質のマンガを描く作家さんだと思っているので。

といっても、コミックスをぽちぽち買うだけ(笑)。

どこで何を連載してるとか、そういうのを追いかけるほどの気力がありません。

・・・で、何が言いたいか、というと(汗)。

コミックスを手に取ったとき、な~んにも知らないわけなんですよ。

オビの煽り文句を読みながら、わくわくしてページを開くんですね。

「へえ、このマジメっぽい黒髪と、いかにもチンピラくんがねえ・・・?」

どういう展開になるんだろう?

どっちが攻め、どっちが受けなんだろう?

西田さんの作品には―――まあ、アレです。

ちらっと表紙を見ただけで受け攻めがわかるような、そういう軟弱キャラは登場しません(笑)。

オッサン度も高めだし、ルックスや設定を裏切る確率も高い。

予想がつきにくいからこそ、読むのが楽しいのに。

「それなのに、うう・・・!」

挟んであったハガキを取った瞬間に、あのシーンかよ~。

―――よりによって、お風呂場での立ちバック(爆)。

どっちが攻めか、これ以上わかりやすい場面もないよね・・・(涙)。

たった一瞬、たったひとコマ。

このガッカリ感を、どうしてくれよう。



●というわけで

「天国も地獄も」の、感想をひとこと。


天国も地獄も (バンブーコミックス 麗人セレクション)天国も地獄も (バンブーコミックス 麗人セレクション)
(2012/08/17)
西田 東

商品詳細を見る



※以下、ネタバレを含みます。







西田さんは好きですが、これはなんというか、

「ああ、またこんな感じのか~」

という既視感が拭えないかなあ。

ちょっとストーリー展開が荒いというか、先を急いでる感もありますね。

高校時代の幼馴染み。

ひとりは教師になり、ひとりはヤクザになった。

黒髪、クソ真面目、だけど非常に、非常にメンタルの強いしぶといタイプ。

チャラ男で、ヤクザで、だけど脆い、どこか繊細な感覚を持ち合わせているタイプ。

―――どっちも、西田さん定番のキャラですね。

決して、面白くないわけじゃない。

平凡だってわけでもない。

だけど、なんていうかなあ。

まだまだこれから続くならいいんですけど、今のままで終わるなら、なんとも中途半端。

西田さんお得意の、「アウトローコンビのはちゃめちゃ逃避行」・・・にするには、突き抜けてない。

リアリティなんかクソ食らえ!の強引&横暴展開なら、まだいいんですよ(笑)。

それはそれで、彼女の持ち味だと思うから。

でも、この話は妙に細部が書きこまれていて、現実感がありあり。

人が死んだり、殺されたりしますから、それをテキトーに扱われると、どうも居心地が悪い。

そこからの愛の逃避行も、それゆえ、リアリティを失います。

「そして二人は、手に手を取って逃げたのでした」

・・・で終わりのわけ、ないよね???

話のオトシマエ、まだついてないよ?

とまあ、だから、「荒い、急ぎすぎ」という感想になるんですね。

ふたりの関係は、なかなかいい。

特に、ヤクザの彼のひそかな恋心には、切ないものがあります。

そこをもっと掘り下げて、メロメロ全開ドラマにしてもいいのになあ。

決して本音を語らず、飢えた野獣みたいに求め合うのも、きっかけとしては悪くないんですけど。

ずうっとそれだと、なんというか、説明を端折られた気分になります。

ちゃんとお互いに向き合って、何を捨てて何を取るか、決めないとダメだよね。

と、いうわけで。

このお話はまだ終わってない、と思うことにしました(笑)。

面白くなるポテンシャルいっぱいなのに、このままでは惜しい。

続き、楽しみにします(笑)。


スポンサーサイト
EDIT  |  01:49  |  BLコミックス(西田東)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。