2013年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

-- --/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

Tue 31/12/2013

隙間を埋めようと・・・ (バイオレンス・リリック 後編)

☆この記事は☆

2013年10月31日付のわたしのメインブログ、「ゆすらうめ異聞 雑想記」の記事を、ほぼそのまま再掲載したものです。

(「雑想記」ではその名のとおり、『春抱き』のみならず、日常のあれこれやその他の「好き」をランダムに発信しています。その記事の中から、『春抱き』関連、その他の本やマンガのレビューに相当する記事を抜き出して、この「恋歌」に転載。・・・記事を再編集していないため、関係ないネタも混ざっています。)

レビューを読む前には、上の「使用上の注意」をご覧になってくださいね。








●めちゃくちゃ

たくさんのコメントと拍手、ありがとうございます。

感想もまちがいのご指摘も、みんな感謝しております!(笑)

毎度のことながら、レビューというか、まあ、ツッコミ&妄想たれ流しですね・・・(汗)。

好き勝手なこと叫んでるなあ、とは思います。

いずれにしても、あくまで現時点でのわたしの感想。

まだまだ読み込みが足りない(浅い)部分もあるかと思いますが、そこはひらにご容赦。

今後なんども読み返すうちに、意見が変わることもあるかもしれません。

気づいてないことにも、気づくかもしれない。

スルメのように何度よんでも面白いのも、『春抱き』の魅力ですよね(笑)。

それからもちろん、書き足りないこともいっぱいあります。

書けない、書くべきではないこともいろいろ。

あれだけ文字数かいても、尚あれもこれも、まだ書き尽してない気がしてます。

あのコマ、その言葉。

ひとつひとつ挙げて語るのはさすがに無理なので、流しちゃってる部分もあります。

と、いうわけで!

ともあれ、ありがとうございました。




●さて

すみません。

モッチー問題(なんだそりゃ)のレビューはまだ書いていません(汗)。

書き終わってない、か。

今回、“ゾクッ”のシーンでわかりましたが、彼はアレね。

人間の負の感情。

・・・メジャー(長調)じゃなくてマイナー(短調)、ポジティブじゃなくてネガティブ。

美点じゃなくて欠点、ハッピーらぶらぶじゃなくて暗澹たるバッドエンド。

そういう人間の持つ「マイナス要素」に魅かれるタイプの人なんだなあ、と納得。

いるんですよね、こういう人って(笑)。

きっとね、大ヒットしたハリウッド大作の予定調和(正義は必ず勝つ、主人公は美男で恋人は美女)なんかに目もくれず、きっと陰鬱で理不尽で、どうにも救いのないヨーロッパ・アートハウス系のマイナー映画ばっかり観てるんですよ。

要は、生来のひねくれ者。

小難しい映画オタクで、こだわりの強い芸術家タイプ。

こういうタイプほど、実は平穏で破綻のない、つまりそこそこ恵まれた中流家庭で育ってたりするの。

ふふふ。

自分でもわかってるんですよ、こういう人って。

ひと皮剥いてしまえば、自分が実は、私生活ではわりと平凡な人間だって。

周りが勝手に作り上げてくれる「鬼才」イメージに、うまく乗っかってるだけだって。

香藤くんが今回、モッチーのその分厚い仮面に気づいちゃったのが面白いですね(笑)。

たしかに、これは想定外だ。

明るい太陽のような香藤くんに、思いがけない不幸の陰が見えて、そこに化学反応しちゃったのも。

まさかその香藤くんが、モッチーの内面に興味を持ち始めてしまったのも。

(岩城さんもそのほかの人間も、彼という人間の素顔に関心を持ったりはしなかったのにね。)

・・・モッチー、わりと土俵際(笑)。

クールに突き放してるけど、内心ドギマギしてるんだろうなあ。

こんなはずじゃなかったって。

いかにもアホでチャラい、自分がもっとも嫌いな/バカにしてたタイプの役者に鋭く斬り込まれて、動揺してるんじゃないかと思います。

(役者やスタッフとの)距離感は、自分を守る堀。

そこを簡単にぴょん!と乗り越えそうな勢いの香藤くんに、

「なにこれ、もしかして俺、見透かされてない? それも、よりによって香藤洋二に!?」

・・・と、クールに振舞ってその実、葛藤してたら面白い・・・(笑)。

ふふふ。


頭がイイはずの持宗監督、ひとつわかってないことがあります。

忘れてる、というか(笑)。

それは、香藤くんが、

「そもそも岩城さんに魅かれた人間である」

ってこと(笑)。

あの岩城京介を落とした男、ですよ?

意地っ張りで根暗で可愛げがなくて、自我を分厚い仮面に押し込め、世間をちょっと斜めに見てる男・・・?

おやあ?

それって、根本要素が(かつての)岩城さんと一緒じゃん(笑)。

ってことは、香藤くんがそこに反応しても不思議じゃないでしょう?

もともと、そういう要素を持った年上の男に惚れちゃったひとなんだから。

(モッチーに対して恋愛感情があるとか、そういう意味じゃないですよ。)

おまけに、あの岩城京介のダンナだよ?

つまり、意地っ張りで根暗で・・・(以下略)な男の取り扱い方を、誰よりも心得てるわけです(笑)。

モッチー、敵うわけない(笑)。

香藤くんの経験値、ハンパないはずですから。

そんなわけで、つまり。

世間から見るとものすごく意外かもしれないけど、この二人、実は相性がいいんだね。

岩城さんもびっくりの、友情が花開いたら・・・あは、面白い。

ひそかに期待してます、はい。

てへv



(つづく)


スポンサーサイト
EDIT  |  08:08  |  『春抱き』雑誌掲載分  |  Top↑

Sun 01/12/2013

バイオレンス・リリック (GOLD2013年12月号) No.2

☆この記事は☆

2013年10月30日付のわたしのメインブログ、「ゆすらうめ異聞 雑想記」の記事を、ほぼそのまま再掲載したものです。

(「雑想記」ではその名のとおり、『春抱き』のみならず、日常のあれこれやその他の「好き」をランダムに発信しています。その記事の中から、『春抱き』関連、その他の本やマンガのレビューに相当する記事を抜き出して、この「恋歌」に転載。・・・記事を再編集していないため、関係ないネタも混ざっています。)

レビューを読む前には、上の「使用上の注意」をご覧になってくださいね。







●TBのお題から

「遅刻したときの言い訳」

・・・えっと・・・(汗)。

ごめんなさい。

本当にごめんなさい。

たま~にですが、やらかします。

常習犯ではないと思ってますが、お待たせしてしまうことはあります。

大きな遅刻はしてない、はず(汗)。

連絡なしの遅刻や、お相手を寒い/暑い/恥ずかしいところでお待たせすることも、してないはず。

遅刻を未然に防止するために、というか「遅刻」自体をなくすために、

「じゃあ、だいたい11時ごろに。駅前のスタバでラテでも飲んでてね」

「○○ショップの中でぶらぶらしてて。近くまで着いたら電話するから」

という感じの、きっちりピンポイントで時刻を指定しない待ち合わせをよくやります。

幅を持たせるというか、余裕をみるというか。


・・・ですが、言い訳ですね。

時間厳守が人間関係を築く基本的ルールだと考えている人は多い。

というか、それが社会人としての常識だよね。

わたしも無論、そう思ってはいるのですが(汗)。

そういう方から見れば、遅刻する人は単にだらしない、不愉快な輩でしょう。

「就職の面接や飛行機のチェックインなら、絶対に遅刻はしないでしょう?」

「なのに遅刻するってことは、私を軽んじているのよね?」

と、言われたことはないけど、思ってる人はいるかもしれない。

本当に、申し訳ない。


じゃあどうして遅刻してしまうのか。

・・・なんでだろう。

所要時間の読みに、ゆとりがないのが直接の原因かと思います。

計算自体は、あってるんですよね。

支度に1時間、駅まで歩いて5分、5分くらい待って電車が来て、乗ったら20分。

乗り換えに10分かかって、それから・・・という具合。

その時間の読みそのものは無理のない、わりと妥当なものだと思います。

だからたいていは予定通りにいくし、たぶん95%は遅刻しない。

でも問題は、残りの5%なんだろうなあ。

それが、万が一のアクシデント。

発生率は低いけど、確率と統計からいって、絶対にないとは言えない何か。

出がけにタイツを引っかけて破るとか、道端でいきなり転ぶとか(汗)。

忘れ物をして戻るとか、信号機の故障で電車が止まるとか。

実際は稀ではあるけど、こういうことが起きるとアウト。

ゆとりをもって行動してるときもあるんだけど、ギリギリのときもあるので。

・・・と書き出してみると、酷いですね(汗)。

わかってるなら対策をとれよ、って言われても仕方がない。

甘えがある、というのは本当だろうと思います。

「この人なら、5分、10分遅れても許してくれる」

そう意識してるわけじゃないけど、相手を見てると言われれば否定できない。

こういう言い方をしてはいけないのでしょうが、心のどこかで、

「5分、10分くらいは誤差の範囲内」

という感覚があるのだろうと思います。

これ、遅刻する側が言ってはいけないですね(言ってないけど)。

ごめんなさい。

ルーズだと言われれば、そうなんだなあ。


これも言い訳ですが、わたし自身が、待つのが苦にならないせいかとも思います。

連絡なしの遅刻は困りますが、よそ様の

「ごめ~ん、遅れる!」

はさほど嫌になりません。

芝居や旅行ならさっさとひとりで行きますが、そうでないなら待ちます。

30分でも1時間でも、本でも読みながらわりとのほほんと待ってます。

ちゃんと「ごめん」があれば、しょうがないなあ、と思えるのね。

遅刻した友人がわたしの分のチケットを持ってるような状況だったら、さすがに怒るけど(笑)。

許しがたいレベルの遅刻をされたら、その人とはもうおつき合いをしない。

それだけです。


そういえば大学生のころ、一度だけ。

待ち合わせを完全にすっぽかされて、あとで謝罪もなくて、ブチ切れたことがあります。

「こんな無礼な女と二度と会うもんか!」

二時間近く、待ったんじゃないかなあ。

後日、それなのに謝らない友人の態度に逆上し、そのまま縁を切ってしまった。

当時はまだ、ケータイもない頃でしたからねえ。

いったん家を出てしまうと、連絡のしようがないことが多かったのでした。

まあ、それだけのご縁だったってこと。

そう思うしかないけど、でもね、今でもあの時のことを思い出すのです。

激怒して自分から絶縁したくせに、よほど後味が悪かったのでしょう。

(そういうふうに怒りのままに絶交したのなんて、人生でその人だけだ。)

ある意味、いまだに引きずっているのですよ(苦笑)。


普通の、毎日よく会う友だちではなかった。

中学まで一緒で、高校で離れて、何年ぶりかで偶然、大学の巨大なキャンパスでばったり。

なつかしくて珍しくて、一気に盛り上がって、勢いで連絡先を交換した。

バイトがあるから、じゃあ二週間後に○○学部の△△室でね、なんて。

わりと先のことをその場で約束して、それっきりだった。

今ならわかるけど、こういうのっていかにも忘れられそうでしょう?(笑)

今のわたしなら絶対に数日前に、あるいは前日にでも、リマインダかけますねえ。

「○日の約束だけど、大丈夫だよね?」

ちょっと確認しておけば問題なかったのに、お互いそれをしなかった。

その程度の知恵もなかったんかい、とツッコミを入れたくもあるし。

その程度の思い入れだった、ってことでしょう。


いや、それも違うよなあ。

ふつうの(対等の)友人関係なら、すっぽかされて腹は立てても、あそこまでムキにはならない気がする。

あのとき自分が激怒したのは、要はプライドが傷ついたんだよな。

こっちは旧交を温める気満々でいそいそ出かけたのに、相手にとってわたしはどうでもよかった。

お互い、気持ちの大きさがちがった。

約束を忘れちゃうって、そういうことでしょう(苦笑)。

それがみじめで、我慢できなかったんだろうなあ。

・・・まあ、19歳だか、20歳だかのときのお話です。

ビンビンに自意識過剰なお年頃、でした。

若かった、ということで(苦笑)。




●『春抱き』

バイオレンス・リリック(後編)の感想、というかレビュー。

というかコメントつきあらすじ。

・・・なんだろう(汗)。

ともあれ、昨日のつづき、というか書き残し分です。


※PVと拍手いっぱい、本当にありがとうございました!

※コメントにも感謝! 異論も大歓迎です!


昨日やけに好評だったので、調子に乗ってもう一度(笑)。

(´∀`σ)σ


あ・ま・え・ん・ぼ♪


(´∀`σ)σ

このおかしな顔文字も、かわいいですよね・・・(笑)。


(つづく)



EDIT  |  19:02  |  『春抱き』雑誌掲載分  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。