2014年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

-- --/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

Thu 30/01/2014

バイオレンス・リリック (GOLD2013年12月号) No.3

☆この記事は☆

2013年11月03日付のわたしのメインブログ、「ゆすらうめ異聞 雑想記」の記事を、ほぼそのまま再掲載したものです。

(「雑想記」ではその名のとおり、『春抱き』のみならず、日常のあれこれやその他の「好き」をランダムに発信しています。その記事の中から、『春抱き』関連、その他の本やマンガのレビューに相当する記事を抜き出して、この「恋歌」に転載。・・・記事を再編集していないため、関係ないネタも混ざっています。)

レビューを読む前には、上の「使用上の注意」をご覧になってくださいね。











●マーくんが

打たれたショック。

と書くといかにもアホっぽいですが、ぼーっとしてました。

呆然、というより本気で気を失ってたかも(爆)。

※単なるPC前の寝落ちとも言う。

「うにゃ・・・?」

気がつくと、とっくに午前二時を回ってました。

「やばい、この数時間の記憶がない・・・!」

(寝てただけ?)

当然、やるつもりだったあれもこれも、未だやってません。

まずい・・・(苦笑)。

「うがー!」

野球中継、途中で見てられなくなって。

ジタバタするわたしに、小鳥さんが呆れかえったのは言うまでもありません。

「あれ、試合どうなったの?」

「知らない」

「知らないって・・・(笑)」

「言いたくない」

「はあ?」

「知んない」

「・・・負けてるんだ?」

「・・・う・・・」

子供かよ(笑)。

たかが野球の経過に一喜一憂して、ひいきのチームが負けようもんなら超絶・不機嫌。

そういう人ははた迷惑だって、昔から思ってたんですけどねえ。

まあ、いいや。

今日のマーくんは最初から視線が泳いでいた。

なんていうのか、いつものふてぶてしい自信が見えなかった。

彼の背負ってた異常なプレッシャーを考えたら、そりゃそういうこともあるよな、と思います。

ご苦労さまでした。

今日は不運だったけど、それでも貴方はすごかった。

一年間ずっとすごかった。

勝って当然扱いの不敗のエースでい続けるのはしんどかったでしょう。

今晩くらいはよく・・・休めるといいけど、無理だろうなあ。

明日があるさ!




●モッチーこと

持宗監督について、もうちょっとだけ。

といっても、言いたかったことはあらかた既に書きましたけど(笑)。

香藤くんの「好奇心」は、岩城さんとの会話から始まります。

「俺に興味なさげだった」

「望んだキャスティングじゃなかったんだろう」

という香藤くんの言葉に、岩城さんがあれ?って顔をします。

(しかしいつも思うけど、事後の岩城さんってホント、忘我の境地から戻って来るスピードが極端に早いですよねえ。さっさとお仕事モードに切り替わって、ドライですらある感じ。スッキリ!賢者モードの岩城さん、このあたり奇妙に男っぽい。ふふ。)

(ところでこの二人、以前の映画でさんざんモッチーに振り回されてますよね。私生活に平気で注文つける監督だし、結果オーライだったとはいえ、印象はよくないだろうなあ。)

そんなわけない。

持宗監督はわざわざ、香藤くんを指名したんだから―――。

岩城さんにそう聞かされた香藤くん、さっそくスタジオで監督に突撃。

「なんで俺を?」

直球で尋ねます。

昔の香藤くんなら憤った勢いでケンカ腰になってもおかしくないけど、ホント、大人になったよなあ。

すごく冷静だし、相手をじっと観察する余裕がある。

そういう彼だからこそ、監督も本音を語る気になったんでしょうね。

あざとい企画で、イマイチ乗り気になれなかったけど、断れるもんじゃなかったから。

・・・というあたりは、わたしの想像通りだったなあ(笑)。

でも、その先が面白い(笑)。

いかにもモッチーらしい、屈折した心理だと思います。

わたしはその「あざとい企画」のうちに、香藤くん主演も含まれてると思ってたけど、どうやら違うらしい。

正面切って断りづらい仕事をなんとか断る口実に、

「主役を振られていっちばん嫌がりそう/断りそうな役者」=香藤くん

をあえて指名した、だなんて。

・・・おまえは、かぐや姫かよ(笑)。

絶対に無理だと思って「火鼠の皮衣」をリクエストしたら、まさか!ホントに持って来るなんて!?

って、そういうことですよね。

この超絶ロジックには、香藤くんも苦笑するしかありません。

そりゃ、そうだ。

香藤くんなら嫌な仕事は嫌だと断るし、岩城さんなら胃がキリキリ痛くなっても我慢して引き受ける。

モッチーみたいなひねくれた思考回路の人、あんまり周囲にいないと思います(笑)。

ここまではどっちかというと、香藤くん優勢で話が進む。

・・・ような気がするんだけど、どうなんだろうなあ。

その後のセリフを読むと、あれです。

「二重の誤算があった」と告白する持宗監督に、考え込んでしまいました。

意外と素直な人なのか・・・?

それとも、「僕が間違っていた」なんて引いてみせるのも、役者操縦術の一環・・・?

(持宗監督の私生活での一人称は「僕」だと推察。)

岩城さんみたいに簡単にコントロールできない香藤くんに対して、別の手を打ってるような気もします(笑)。

こうなると邪推の嵐で、よくわからないけど。

いずれにしても、

「陽気でアホなタレントだと思ってた香藤洋二は、意外にも鋭い洞察力を持っていた」

という事実を、監督は喜んでいますよね。

自意識過剰&プライドの塊なら、そういうのをいちばん嫌うでしょうけど、なんせモッチーは映画バカだ。

いい絵をつくるのが最優先で、それ以外は全部二の次なんだろうなあ。

(まして、予想できない側面を見せる役者なんて、ものすごく好物じゃない?)

そして、完全に空気読めない(笑)。

というか、そこに地雷があったら敢えて踏むタイプか。

深刻なトラウマを抱えた相手に、「それは芸の肥やしになるいい体験だ」なんて・・・言えるかフツー。

香藤くんがたまたま病気を克服してたからいいけど、どう考えてもNG発言でしょう。

「人でなし」

と香藤くんがいうの、大げさじゃないと思います。

・・・まあ、監督にこれを言えちゃう時点で、彼も大物だ(笑)。

これをきっかけに、香藤くんとモッチーの関係はガラリと変わるでしょう。

撮影中はともかく、それ以外ではつるむことも増えるかもしれない。

香藤くんが彼を強引に誘い出して、一緒に飲みに行くとかね・・・?

岩城さんとモッチーではどんな酒の席もお通夜になりそうだけど、香藤くんとなら楽しいぞ(笑)。

ああ、それで小野塚が目を白黒させそうだなあ。

「おまえたち、どうなってんの」

呆れつつ、でもきっとご相伴にあずかることでしょう。

まさかの友情が育まれたら、きっと岩城さんもびっくりでしょうね。

(で、ちょっとだけ羨ましかったり、自分にはできないといじけてみたり。)

今後の展開がいっそう楽しみですね♪




●そんなわけで

では、また。。。

スポンサーサイト
EDIT  |  03:21  |  『春抱き』雑誌掲載分  |  Top↑

Wed 29/01/2014

「きのう何食べた?」8巻を読んで

☆この記事は☆

2013年12月5日付のわたしのメインブログ、「ゆすらうめ異聞 雑想記」の記事(の一部)を、ほぼそのまま再掲載したものです。

(「雑想記」ではその名のとおり、『春抱き』のみならず、日常のあれこれやその他の「好き」をランダムに発信しています。その記事の中から、『春抱き』関連、その他の本やマンガのレビューに相当する記事を抜き出して、この「恋歌」に転載。・・・記事を再編集していないため、関係ないネタも混ざっています。)

レビューを読む前には、上の「使用上の注意」をご覧になってくださいね。








●やっと

届きました♪

「きのう何食べた?」の8巻。

小鳥さんが通常版を、わたしが限定版を購入。


きのう何食べた?(8) (モーニングKC)きのう何食べた?(8) (モーニングKC)
(2013/12/03)
よしなが ふみ

商品詳細を見る



きのう何食べた?(8)限定版 (プレミアムKC)きのう何食べた?(8)限定版 (プレミアムKC)
(2013/12/03)
よしなが ふみ

商品詳細を見る



情報としては遅いと思いますが、とりあえず。

限定版とは何か、通常版とどこがちがうのか。

簡単にお見せしますね。

※かなり画質落としてあります。



PC047916ss.jpg



通常版のカバーは、クリスマスを意識したグリーン。

今までわりと淡い色の表紙が多かったので、本棚に並べると目立ちます(笑)。

で、実を言うと、限定版のカバーも同じもの。

そう、同じなんです(笑)。

真っ赤なカバーの、別バージョンの表紙。

・・・だと思ったものは、これは、何ていうのかな?

コミックスのカバーではなくて、商品を守るためのパッケージ。

厚紙に印刷されてますが、これ自体は(少なくともこのままでは)コミックスのカバーにはなりません。

(付属の専用ビニールカバーには、サイズが合わないので入りません。)

・・・え?

なに?

カメラの写真が見えてる?(笑)

あは、下に敷いたのは、12月号の「カメラマン」という雑誌(とその付録)です。

毎年12月号の「カメラマン」と、1月号の「アサヒカメラ」は必見なの(笑)。

カメラマン12月号・・・その年に発売された主なカメラ機種の総決算的レビュー。

アサヒカメラ1月号・・・篠山紀信の巻頭グラビア、岩合さんのカレンダー。


カメラマン 2013年 12月号 [雑誌]カメラマン 2013年 12月号 [雑誌]
(2013/11/20)
不明

商品詳細を見る



数あるカメラ雑誌の中でひときわオヤジ度の高い、しょーもない雑誌です(笑)。

でも、スポンサーを恐れずに(比較的)言いたいことを書くので、異端児なりの存在価値はあるんですね。

(カメラ雑誌の広告主様はもちろん、カメラメーカーが中心。狭い業界です。それだけに、新機種をレビューする際に、歯に衣を着せず悪いところは悪いと言えるかというと、まあ・・・ビミョーなんじゃないかと想像します。専門誌の宿命でしょう。)

かつてわたしに、新製品の高倍率ズームレンズ(けっこう高級!)をくれたのも、ここ。

だから恩義を感じて宣伝してる、わけじゃないですけどね。



いや、まあ、それは置いといて(汗)。


PC047922ss.jpg



赤いパッケージ表紙と、本来の8巻表紙を並べるとこんな感じ。

しかし、まさかシロさんがトナカイのコスプレとは・・・(笑)。

サンタさんが似合うケンジくんとは対照的に、おそろしく似合ってませんね。

天下の色男(オッサンだけど)にも、似合わないものがあるのか。

なんか、しみじみと見つめてしまいました。

(堺雅人がもしシロさんをやるなら、このコスプレは絶対に見たい!)



PC047924ss.jpg



クリスマスバージョンのビニールカバーは、こんな感じ。

厚手でわりといい感じです。

よ~く見ると、柄にシロさんとケンジくんがいます(笑)。



PC047928ss.jpg



で、コレ。

1巻から8巻までの、お献立シート(シール)。

限定版がほしかった理由は、まさにこれです。

各巻に収録されているお料理のリスト。

「前にシロさんがつくってたアレ、やってみよう」

と思ったとき、いつもホントに困るんですよね(笑)。

何巻にどのレシピが登場するかわからなくて、結局はじめから読み返さないといけないから。

ホント、それだけが不便で、

「なんとかならないの?」

といつも思ってました。

このお献立シールは、コミックスに貼れるようになっています。

貼らなくても、カバーに差し込んでおくだけでもちがいますよね。

ふふ、ちょっと嬉しい(笑)。




●肝心の

8巻の内容。

相変わらずのふたり、相変わらず絶好調でした(笑)。

ネタバレになるので詳しくは(まだ)書きませんが、しみじみと幸せそう。

いつもそうだけど、さりげない日常生活。

ユーモアたっぷり、というか半分はコメディみたいなノリなのに。

一冊のうちのどこかで、一度か二度は、はっとさせられる場面がありますよね。

普段クールでそっけないシロさんがたまに見せる、切ないほどの心情。

「あ、やられた!」

と毎回、ぐっときちゃいます。

思いがけない場面で見せるシロさんのいじらしさ。

愛情。

恋心。

なんて言ったらいいの?(笑)

夫婦としての覚悟。

いかにケンジくんを大事に思っているか、それがわかる言葉があって、きゅん!

(・・・死語・・・?)

なんですよね(笑)。

しかし、ホントにうまい作家さんだなあ。

いろいろうまくて、その手練手管に上手に転がされてる気がします。

そういえば>>

1巻の頃は、ゲイっぽさは控えめに、あるかないかって程度に描いていたのに。

気がつくと、わりと王道のラブコメ(ゲイだけど)になってますよね(笑)。

今回は、京都編の過剰なロマンチック攻撃と、ケンジくんの疑心暗鬼が秀逸でした。

紅葉のライトアップのシーンで、あまりの展開に恐慌に陥るケンジくん・・・!

ホントにもう、可愛すぎる(笑)。

抱腹絶倒、なのにじわ~っと来ますね。

もうひとつ、最後のエピソード(ケンジくんの実家ネタ)もよかった。

・・・どっちも、シロさんのぐっと来る台詞があるから(笑)。

(この不意打ちめろめろ展開は、やっぱり、岩城さんを連想しちゃうよなあ。)

いや、ほかの話もいちいち楽しいんですけどね。




●それでは、

また。。。


EDIT  |  10:16  |  BLコミックス(作家は~わ)  |  Top↑

Mon 27/01/2014

いや、もう・・・ (バイオレンス・リリック後編 雑感)

☆この記事は☆

2013年11月01日付のわたしのメインブログ、「ゆすらうめ異聞 雑想記」の記事を、ほぼそのまま再掲載したものです。

(「雑想記」ではその名のとおり、『春抱き』のみならず、日常のあれこれやその他の「好き」をランダムに発信しています。その記事の中から、『春抱き』関連、その他の本やマンガのレビューに相当する記事を抜き出して、この「恋歌」に転載。・・・記事を再編集していないため、関係ないネタも混ざっています。)

レビューを読む前には、上の「使用上の注意」をご覧になってくださいね。








●拍手とコメント

たくさん、ありがとうございました。

持宗監督に関するあれこれ、誉めて?いただいて恐縮です。

いや・・・今まで彼に興味を抱いたこと、ないんですよ(笑)。

初登場のときから、新キャラが登場したというより、

「岩城さんに負荷をかけるためのマシン」

的にしか、感じてなかったから(汗)。

彼の内面がどうのって描写もなかったし、気にしてませんでした。

岩城さんに最終的に謝罪して云々だって、ハイそうですか、って感じだったしね~。

でも、今回の彼は面白いのね(笑)。

バイオレンス・リリック前編のレビューにも書きましたが、今回は彼が人間に見えました。

香藤くんにそっけなく、小野塚くんには構う理由。

どうも、監督起用のいきさつに何かあるらしい。

「おや?」

モッチーなりにいろいろ抱えてるのね、って初めて感じさせてくれた。

一回限りの負荷装置じゃなくて、準レギュラー化するのか・・・?

そう思ったら、興味が湧きました。

・・・まあ、好きなタイプではないけどね・・・(笑)。




●ここのところ

日本シリーズから、目が離せません(笑)。

どういうわけか気になって気になって、ウェブで中継を探してしまう。

楽天のファンでもない(はずな)のに、気づくと手に汗を握って応援してます(苦笑)。

いやあ、なんでだろう。

野球が気になる生活なんて、何年、何十年ぶりかもしれない(笑)。

「やはり、マーくんか・・・」

田中将大選手の無敗記録がどこまで延びるのか、知りたい。

彼そのものが話題で、時の人だものね。

楽天という若いチーム(球団創設9年)がどこまで行くのか、見たい。

そんな純粋な興味。

まして相手が巨人となれば、これ以上のヒールはいないしね(笑)。

いやあ、それにしても。

ここまで楽天がやるとは、思ってませんでした。

シリーズ前の予想では、投打ともに層の厚い巨人が有利、という見方が主流でした。

でも、いざ蓋を開けてみると、どうも様子がちがった(笑)。

楽天に勢いがあります。

正直にいうと、攻めがヘタで打線がイマイチ繋がらず、残塁が多くてイライラする(笑)。

ヒットはけっこう出てるのに、得点が少ないのね。

投手陣の(予想を上回る)健闘と守備のよさで、なんとか補ってる感じ。

でも、楽天の選手はみんな、やる気にあふれてるのがわかります(笑)。

逆に、巨人が変。

まず選手が軒並み、ゾンビか!?ってくらい表情が死んでます。

やる気どころか、精気がない・・・(汗)。

ご自慢の打棒がふるわず、湿ってるどころか凍結状態で、完全にブレーキになってる。

(この2試合で少し息を吹き返したけど、まだまだ復調とはいいがたい。)

投手がいっぱいいて羨ましいくらいなんだけど、そのわりには楽天打線に捉まってる。

「これじゃ勝てないっしょ・・・?」

だって巨人に、脅威を感じないんだもの。

結果、仙台で一勝一敗のあとにやって来た東京ドーム(三連戦)で、楽天が勝ち越し。

まさかの崖っぷちに、ドームの巨人ファンは海の沈黙だったなあ。

日本一に王手をかけて、楽天は意気揚々と地元に帰ります。

おまけに次の先発は、今年いちども負けてないマーくん。

役者も舞台も揃って、揃いすぎて怖いくらいだ。

「ひゃあ~」

それにしても今日の第五戦は、おもしろかった(笑)。

リードして、追いつかれて、逆転をあやうく逃れて、延長で追加点をあげて逃げ切った楽天。

先発した辛島くんの好投を一度はふいにした二番手のピッチャー、則本くん。

(ルーキーだけど、マーくんに次ぐ15勝をあげてるエースではある。らしい。)

初戦で奮闘したのに敗戦投手になった彼が、今度はがんばりました。

昔むかし、日本シリーズをちゃんと?見ていた子供のころ(笑)。

(ところで昔は、試合は昼間にやってましたよね。学校のテレビで見てたもの。)

日本シリーズを制するチームには、日替わりでヒーローが生まれるものだ、と感じてました。

スター選手がちゃんと仕事をする、だけじゃなくて。

意外な(やや地味な)レギュラー陣の誰かが、思いがけない活躍をするもんだって。

楽天には、それがある気がするのね。

巨人は・・・う~ん。

がんばってる選手もいるのですが、打つべき人たちが仮死状態だからなあ。

日替わりヒーローというより、仇花に見えてしまう。

たしかに、楽天に打ち込まれた(敗戦の原因となる)ピッチャーがいるわけですが、

「ボコボコにされた」

っていうほどの失点でもないのが微妙。

(いや、まあ、本人はボコボコで落ち込んでると思うけど。)

巨人打線がちゃんと機能していれば、ひっくり返せないほどの得点差ではないから。

とまあ、そういうわけで。

あさっての試合もきっと、ハラハラしながら見ちゃうんだろうなあ。

最終戦までもつれるとお茶会と重なってしまうので、その前に決めてほしい(笑)。

・・・勝手な想いを抱きつつ、マーくん応援したいと思います。




●すみません

『春抱き』関連は、また明日(汗)。

じゃあね。。。


EDIT  |  20:17  |  『春抱き』雑誌掲載分  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。