2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

-- --/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

Fri 30/08/2013

バイオレンス・リリック (GOLD2013年10月号) ※レビュー続き

☆この記事は☆

2013年8月30日付のわたしのメインブログ、「ゆすらうめ異聞 雑想記」の記事を、ほぼそのまま再掲載したものです。

(「雑想記」ではその名のとおり、『春抱き』のみならず、日常のあれこれやその他の「好き」をランダムに発信しています。その記事の中から、『春抱き』関連、その他の本やマンガのレビューに相当する記事を抜き出して、この「恋歌」に転載。・・・記事を再編集していないため、関係ないネタも混ざっています。)

レビューを読む前には、上の「使用上の注意」をご覧になってくださいね。









●TBのお題から

「あなたのおひとりさま伝説」

20代のころ。

たったひとりで、フロリダのディズニーワールドに行った。

30代のころ。

たったひとりで、ヴェネツィアに旅をした。

・・・さあ、どっちが「伝説」に相応しい?(笑)

(あれ、おひとりさま伝説って、そういう意味よね?)

精神的なハードルの高さという意味では、ディズニーのほうが上かもしれませんね。

ああいう場所に、よくぞひとりで行く気になったもんだ(苦笑)。

もっともこれは、たまたま近隣都市である国際会議があって、その出席ついで。

たまたま週末にかかったので、そのフリータイムを利用した観光でした。

わたし自身はディズニーフリークではないけど、

「せっかくのウィークエンド、ひとりで何をしろと?」

  ↓

「どうせなら、かの有名なディズニーを見てみよう!」

という、なんとも行き当たりばったりな一日でした。

結果は、そこそこ楽しかった・・・んだろうなあ。

(よくも悪くも強烈な印象がない。要するに、あまり覚えていないのです。)

暑かった、とぼんやり記憶にある程度。

当時はアレです。

今みたいに、インターネットの時代ではなかったし。

現代ならきっと、(自意識過剰な)若い女性が気にしがちな

「おひとりさま」

「ぼっち」

「毒(独)女」、「喪女」

(最後のは、単なるネットスラング?)

・・・なんて言葉も、当時はなかったものねえ。

わりと純真に、好奇心いっぱいで行動していたように思います。

まあ、なつかしい話ですね。

(ヴェネツィアの話は、またいずれ別の機会に。)



●たくさんの

拍手、コメント、メールなどなど。

「バイオレンス・リリック」レビューにつけてくださって、ありがとうございました。

みなさんの声を総合するに、今回は概ね

「やっと、元の岩城さんと香藤くんが戻ってきた!」

・・・でコンセンサスがある、ということのようです。

やれ、めでたや♪

いろんな意味で、ホッとしました。

もう何年も、あたりまえのように(だいたい一番乗りで)レビューを書いてますので、

「何を今さら」

って、『春抱き』仲間には鼻で笑われるかもしれませんけど、でもさ~。

“誰よりも先に、自分の意見を言う”

ってのは、実はとても緊張することなんですよ(笑)。

(イヤならやらなきゃいいじゃんか、というツッコミはひらにご容赦!)

ブログを書いてる以上、そりゃまあ、自分の感想を書きたいから書いてるわけですが。

(自己顕示欲、ってやつですね。)

ささやかな数ではあれ、わたしの書き込みを待ってくれてる人たちがいる、という驕りもある。

でも同時に、ものすごく怖いとも思うのです。

わたしの読み取った『春抱き』は、ひとから見てどうなんだろう?

わたしはちゃんと、正確に読みこんだだろうか?

何か、見落としはないだろうか?

どこか見当違いなことを言ってないだろうか?

わたしの感じたモノは、ほかのファンにも共有されるんだろうか?

わたしの覚えた違和感は、他の人も同じように反応するところなんだろうか?

感想に正しいも、間違ってるもないけど、でも、多数派と少数派はありますよね。

いや、別に、仮にマイノリティであっても、それはそれでいいけど。

だけど、あまりマジョリティとかけ離れた感想を書いて、呆れられたくはないよね(汗)。

変すぎて、他のファンにとって意味不明なレビューでも困る。

あるいは、失言で誰かを傷つけたりはしたくない。

・・・考えると、キリがないくらいです。

ホント、レビューを書くときは、めちゃくちゃ緊張します(汗)。

誤字脱字も、なるべくならないほうがいいし。

推理小説における「犯人は○○!」的・・・なネタバレはしないようにする。

直接引用、間接引用に間違いがないかも、何度もチェックする。

まだ読んでいない人にも伝わるように、あらすじが最後まで繋がっているかどうか。

過去の岩城さん・香藤くんの言動を連想させる場合は、コミックスでその元ネタを確認。

個人的な萌えで脱線するのはいいけど、ちゃんと元に戻るようにするとか。

・・・まあ、留意点は幾らでもあります。

「偉そうにいうけど、そんな大したもの書いてるわけ?」

なんて突っ込まれたら、ぐうの音も出ないですけどね(汗)。

なにがコワイって、あれだけ延々と書いても。

あれだけ、思いつくかぎりのすべてのポイントをカバーしたつもりでも。

それでも後で読み返すと、舌足らずの箇所があるんですよね・・・(苦笑)。

まあ、それもご愛嬌。

(・・・かな?)



●今回でいうと、

1.岩城さんのピンチなのに、彼の心配をしてなさすぎでは?

2.小野塚くんのキャラへのアンビバレンス。

・・・あたりでしょうか。

岩城さんが心配じゃないの!?

と思った方がいたら、本当にもう申し訳ない(汗)。

もちろん岩城さんフリークとして、ものすごく気になるところではあります。

心配、もの凄くしています。

でも・・・なんだろう。

「そいつを言っちゃあおしめえよ!」

かもしれないけど、ほら、これは『春抱き』でしょう?

『春抱き』である以上、最終的に、ばかっぷるのハッピーらぶらぶ♪で終わらないはずがない。

そこは揺るがない信念なので、あまり動じていないのです。

たしかに岩城さん、痛い思いをするかもしれない。

入院したり、緊急手術したりして、香藤くんが血相を変える事態になるかもしれない。

でも・・・でも。

苦しむ二人は見たくないけど、最後はハッピーだよ。

だって『春抱き』じゃん。

・・・ね?(笑)


余談ですが>>

昨日のコメントの、さらに続報。

岩城さんの妊娠妄想をした方は、ひとり二人ではなかったことが判明しました(爆)。

「よかった、わたしだけじゃないんですね♪」

そんなお便りが、ぽつぽつと・・・(汗)。

そこに想像が及ばなかった自分が、まるでダメ人間のような気がしてきました。

ほんと、どういうことなの(汗)。


ところで>>

後編でどうなるのか、もちろん今はゲス・ゲーム。

小鳥さんと二人で、さんざんトンデモ超展開を妄想しています(笑)。

(どれかひとつでも当たっていたら、宝くじレベル。)

いずれ、ご紹介できる・・・のか?(汗)



●ついでに

土曜日のゆす茶会に参加してくださる皆様。

今回のお茶会のお題(宿題)は、以下のとおりです。

☆「鳴かぬなら殺してしまえ」の、モッチーの期待する解釈とは?

☆後編はどうなる?

以上、たっぷり考えてきてくださいね。

ひとりずつ、発表していただきますよ♪



●ともあれ、小野塚くん

えっと・・・?

閑話休題。

なんだったっけ・・・(汗)。

ああ、そうそう、小野塚くんのキャラでした。

レビューにも書いたとおりですが、

「小野塚くんのキャラって、こんなだっけ?」

というのは、本当に文字通りの意味です。

過去キャラと違うじゃないの、と文句を言ってるつもりはなくて、

「へえ、こういう切り口もあるのね」

「小野塚くんも大人になったよねー」

的な、そういう受け止め方です。

(ちなみに小鳥さんは、以前の小野塚くんが帰って来た、という解釈。)

正直にいうと、あまり以前の彼の印象がよくないのですよ(汗)。

決してキライじゃないけど、あまり好きにもなれないタイプ。

なんだろう?

小野塚くんって、頭がいいでしょ?

その点では香藤くんと同じなんだけど、目はしが利くタイプ。

脳の回転が早くて、他人の押し隠してる感情なんかもわりと読めてしまう。

若くしてそうだと、世の中を見切ってしまう・・・舐めてしまうところがあるのよね。

人間って所詮こんなもの、って。

大した人生経験もないうちから、そういうのがわかっちゃうってつまり、「可愛げがない」の(笑)。

ここは、香藤くんと違う点ですね。

同じ世慣れたところはあっても、香藤くんは好きなことには熱くなれるから。

そういう意味で、少年らしさを残しているから。

一方の小野塚くんは、冷めてしまってる。

世の中はだいたい、こんなもの。

客観的に見て、俺の才能は、人気はこんなもの。

だから、このくらいまで行ければオッケー、成功と言っていい。

・・・そういうのが全部、わかってる(わかった気になってる)子、なんだよね。

わかっちゃうから、がむしゃらな努力なんかしない。

効率主義、っていってもいいかな。

「俺ならこのくらいが合格ライン」みたいなのを決めて、そこまでは頑張るって感じ?

ね、可愛くないでしょう(笑)。

なんせ、成功が見えていることしかやらないんだもの。

彼のあの細い肩をガシッと掴んで、

「エラソーなこと言ってるけどアンタ、要は安全圏でのうのうとしてるチキン野郎じゃないの!」

とか何とか、言ってみたくなる(汗)。

まあ、彼が香藤くんや宮坂くんのバカさ加減をバカにしつつ、

「俺にはできねーわ」

と呆れ半分、(本人は認めないけど)羨ましさ半分・・・なのは、わかるけどね。

それがわたしのいう、「斜に構えた」小野塚くん。

・・・だったのですが、さて。

「バイオレンス・リリック」の小野塚くんは、そうじゃなかった。

もうちょっと骨太で、もうちょっと自分に正直になってる気がしました。

彼一流のものの考え方が、なくなったわけじゃない。

だけど、自分でもそこに限界を感じて、打ち破ろうとしている・・・よね。

殻を破って、ひとまわり大きくなるチャンスを欲してる。

「俺ならこのくらい」

でイージーモードだった人が、あえて(苦労しそうな)持宗監督の仕事を受けた。

あえて、香藤くんの風下に立つ役をやってる。

自分のリミッターをはずす、ぶち壊してくれるのを期待して。

持宗監督がかつて、岩城さんの強固なリミッターを派手にぶち壊したのを知ってるから。

・・・ね?

これまでの小野塚くんとは、一味ちがうでしょう(笑)。

香藤くんに対して抱いてる嫉妬心、羨望の気持ちを自らに認めるのもスゴイ。

若いころの彼には出来なかった、と思います。

誰しも経験があると思うけど、ひとへの嫉妬心を肯定するって簡単じゃないでしょう?

誰かを自分よりも上だと認めるのって、それが近しい仲間であればあるほど、難しい。

ね?

彼は脱皮しようとしてる。

先の見えない高みを目指して、成算のない旅に出ようとしている。

そこが今回、わたしが小野塚くんを

「・・・きゃつめ、カワイイじゃないか」

と思った理由です。

(そう、理由はアヒル口ではない。のよ。まじ。)

・・・ややっ。

しまった。

気がついたら、小野塚くんについて熱く語りすぎました(汗)。

もう止めます。

ひえ~。



【More・・・】





●最後に

実にバカバカしい話をひとつ。

今日の晩ご飯は、変わり冷し中華でした。

豚肉そぼろと、キュウリの乗ってるやつ。

だいぶ食べ進んでから、そのうち小鳥さんが

「う・・・!」

と顔をしかめました。

「どしたん?」

「・・・なんか、ちょっとおかしい・・・」

「へ?」

味が変なのか・・・?

いやいや、十分もう食べてるのに、今さらそんな(汗)。

「うう・・・」

「あの~?」

「きゅ、急に胸が・・・苦しく・・・」

「えええ!?」

どこの岩城さんだよ(爆)。

いや、でも、マジで・・・?

「待って・・・」

とうとう小鳥さんは立ち上がり、自室に戻ってしまいました。

「な、何が起きているの・・・?」

動揺するわたし。

だけど一瞬ののち、小鳥さんが再び現れました。

「あれ?」

「もう大丈夫だよ~」

ニコニコ。

もう終わったのか、ずいぶん早いな(爆)。

「・・・なんだったの?」



※以下、男子禁制。



「ぶらが・・・」

「はい?」

「だから!」

「ほい?」

「もう!」

要するに、こういうことのようです。

最近また太ったので、ぶらのアンダー部分がキツイ。

今晩たくさん食べてるうちに、その締めつけに我慢ならなくなった、と。

※彼女は40数キロです。

「・・・」

「・・・」

なんなのよ、もう(爆)。

「岩城さんの胸が苦しい理由がそんなのだったら、激しくイヤだな・・・」

「んなわけあるかい(爆)」

ああ、ホントにバカ。。。



EDIT  |  02:10  |  『春抱き』雑誌掲載分  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。