2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

-- --/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

Tue 06/05/2014

Tender Greens (be-boy GOLD2014年6月号) No. 4

☆この記事は☆

2014年05月03日付のわたしのメインブログ、「ゆすらうめ異聞 雑想記」の記事を、ほぼそのまま再掲載したものです。

(「雑想記」ではその名のとおり、『春抱き』のみならず、日常のあれこれやその他の「好き」をランダムに発信しています。その記事の中から、『春抱き』関連、その他の本やマンガのレビューに相当する記事を抜き出して、この「恋歌」に転載しています。特に記事を再編集していないため、関係ないネタも混ざっていますが、ご了承ください。)

レビューを読む前には、上の「使用上の注意」をご覧になってくださいね。








●コメントや拍手

いっぱい、ありがとうございます。

みなさんの興奮の声やレビューへの感想、すべて嬉しく拝見しました。

みんな、もんのすごーく楽しそう(笑)。


BE×BOY GOLD (ビーボーイゴールド) 2014年 06月号 [雑誌]BE×BOY GOLD (ビーボーイゴールド) 2014年 06月号 [雑誌]
(2014/04/28)
不明

商品詳細を見る



はずむ気持ちが透けて来そうなコメントが多くて、こっちまで嬉しくなりました。

これ全部、センセに見てほしいくらい(笑)。

そうだよなあ。

この間「春抱きALIVE」が出たとき、初コミックスだった人も多かった。

(フツーに本屋さんで購入できる、という意味で。)

今回のGOLD連載が、リアルタイムで追いかける初めての『春抱き』連載、という人も大勢います。

興奮してあたりまえです(笑)。

連載ならではの焦らしも、伏線も、ハラハラドキドキが楽しいのよね。

2ヶ月を一日千秋で待つ思い。

それも、待ってるのは少女マンガ雑誌(汗)。

この歳になって、こんな体験するなんてね・・・(笑)。

でも、大丈夫です。

ものすごく無責任に、太鼓判押しちゃいます。

大丈夫です。

なにもおかしくないよ。

だって、同じような思いをしてる仲間はたくさんいますから。

日本だけじゃなくて、世界中に。

読者の年齢層も、だいたいみなさんと同じです(笑)。

会ったことがなくても、仲間だものね。

願わくば、連載がきっかけで新しいファンがさらに増えますように。

派手じゃなくてもいいけど、盛り上がりがほしい!

で、その中の誰か、頼むからファンサイトつくってくれ(笑)。

二次創作もしようよ。

コンシューマーから、クリエイターへ。

楽しいよ・・・? (たぶん)

サイト立ちあげたり、オフ会を企画するような活動的なファンは、もっともっといていいはず。

それが若い世代なら言うことなし!(笑)


え、イマドキそれは流行らない・・・?

うん、まあ、ねえ。

時代の波ってあるよね、とは思います(苦笑)。

今はそういう情熱は、個人サイトづくりには向かわないらしいですよね。

Pixivとか・・・?

いや、でも、小説は・・・?





●まあ、

それはともかく!

話をテンダー・グリーンに戻しましょう。

意外だったのは、「隠し子」ネタと聞いて、香藤くんの子供だと思った人がわりといたこと。

(GOLD未入手で、とりあえず風のうわさでストーリーを聞きかじった状態、でしょうね。)

そうなんだ・・・?(笑)

不思議だなあ。

いや、こういうのに正しいも間違ってるもないけど!

でも、隠し子ネタでわたしが連想するのは、まずは岩城さんですねー。

なぜか?

なぜかなあ。


まず最初に、前回も書いたけど、岩城さんには「空白の数年間」があるから。

役者を志して上京し、うまく行かなくて挫折しかけ、結局AVに落ち着くまでの年月。

まあ、現実的に考えれば、それ自体には驚かない。

さしてコネもない18歳の田舎モンが単身、東京に出て来たところで、世の中そんなに甘くない。

夢ばかりで、現実味に乏しい将来設計しかなかった、と思います。

(わたしは個人的に、先輩が東京で劇団に所属してるとか、そのくらいのコネにすがって来たと思ってます。)

まして、地方の旧家のお坊ちゃん育ちの岩城さん。

不器用でウソのつけない性格でしょう?

世の中、それも芸能界(の入口)を泳ぎわたる才覚があったとは思えません。

いい人に巡り合って、助けてもらったこともあるだろうけど。

手ひどく騙されたり、利用されたりしたこともあったんじゃないかしら。

そういう辛い経験を重ねて、さんざん苦しんで、心を鎧で覆い隠すことを覚えた。

誰にも心を許さなければ、誰にも傷つけられないから。

それが、コミックス1巻の岩城さん。

で、ここまでの間に、女性とつき合うことも結構あったと思います。

心底惚れて・・・ならいいけど、そうじゃないでしょうね。

刹那的だったり、打算ありだったり、まあ、いろいろ。

自暴自棄というか、荒れていた時期もあったでしょう。

つか当時の岩城さんは、テキトーに生きてたと思うのよね(汗)。

女性と、健全な一対一の関係を築いていたとは思えない。

そういう彼に魅かれちゃう女性のほうも、やっぱり問題アリだったろうと思う。

つまい、今となっては、あんまり思い返したくもない過去。

それがあるのは、岩城さんだけ(笑)。


香藤くんには、そういうやましい過去がない。

大学生までは順風満帆だったわけだし、それ以降は、岩城さんが常にチラチラ気になってる状態でしょう?

そこまでの段階で、そりゃまあ、若くてもそっち方面の経験は豊富だし(笑)。

まかりまちがって、相手を妊娠させる可能性がないわけじゃない。

(ゴムなしはあり得ない人なので、破れちゃう・・・とか・・・?)

ミスは誰にでもあり得る。

でも、もしそんなことがあっても、香藤くんの彼女はちがうと思うの。

彼氏に妊娠の事実を告げることすらなく、身を隠してこっそり生む・・・?

そういうタイプの女性は、そもそも香藤くんとつき合わない。

つか、香藤くんがそういうタイプを選ぶとは思えない。

(どう考えても、彼は気の強い姉さん女房タイプが好みみたいだからね。)

香藤くんは、たとえ高校生の時でも、相手をちゃんと見て恋愛してたと思うのですね。

だから、もし仮に意図せぬ妊娠なんかが判明したら、

「どうしよう、わたし・・・!」

彼女は真っ先に、彼氏に相談するでしょう。

修羅場・・・とは限らないけど、話し合いはそこで起きる。

どういう結論になるにせよ、要するに、

「本人がその存在すら知らなかった隠し子」

が唐突に現れる確率は、ものすごく低い気がするのです。


・・・と。

ここまで書いて、思ったけど。

これ、香藤くんがいっさい遊ばない、って前提だね・・・(爆)。

まっとうに恋愛する前提でいうと、上記のとおりです。

性格分析、まちがってないと思う(笑)。

でも、香藤くんが絶対に遊ばないか、となると・・・?

悪名高い乱○パーティの件もあるしなあ。

特定の彼女がいない時期なら、わりと自由に遊んでいたかもしれない。

あるいは、酔っ払ってよく覚えてなくて・・・なんて無茶な経験もあるかもしれない。

そうなると確かに、

「香藤くんの性格的に、隠し子なんか・・・」

とは言えないわね(苦笑)。

でも、しかし。

ゆきずりの関係でやらかしたとしても、やっぱり相手は、黙ってないと思うんだよなあ。

結婚を迫るとか、強請るとか、あるいはマスコミに暴露するとか。

ものすごいスキャンダルになるような気がします。

隠せないでしょ、それ。



もうひとつ。

今度は別のアングルから、考えてみましょう(笑)。

隠し子ネタなら岩城さんの子供、とわたしが思う理由ね。

それは純粋に、岩城さんの子供ならば、話が深刻になりすぎない気がするからです。

これはもう、感覚的なものですね。

仮にこれが、香藤くんに実は子供が・・・!

って考えてみ?

そこに女性がいて、彼女が産んだ子供がいる。

香藤家を継ぐことのできる子供。

自分は絶対に産んでやることのできない香藤ジュニア。

・・・ね?

岩城さんのネガティブ思考がどれだけ暴走するか、想像するだに恐ろしい。

傷ついて、苦しんで、場外ホームランみたいな変な結論を引き出しそうでしょう?

俺さえ身を引けば、とか何とか、バカなことを言いそうじゃありませんか。

もちろん、その後の展開も予想できます(笑)。

修羅場と、熱弁と、怒涛の仲直りえっちまでね。

でも、香藤くんがどれだけ情熱をもって岩城さんを説得しても、子供の存在は消えない。

そこにその子がいるという事実は、あの夫婦が一生背負っていくわけです。

未来永劫、岩城さんは忘れない。

香藤くんは香藤くんで、父親としての責任を果たすために、その母子にかかわり続けますしね。

いわば、子のいない正室 vs 側室と若君様、みたいな構図です。

・・・重たいよね?

ものすごく重たいと思うの。

『春抱き』のはっぴーらぶらぶな世界観に、こんな深刻な陰が落ちていいんだろうか、というレベル。

どう考えても、楽しくならないよね・・・?


それは岩城さんの子供でも同じだろう、と思いますか。

どうかなあ。

少々ちがうように思うのです。

不思議なことに、こっちはそこまでのドロドロ修羅場のイメージじゃないの(笑)。

子供の年齢が(岩城さんの年からいって)高いであろう、というのがひとつ。

そしてそれだけ長いこと、岩城さんに知らせることもなく、子育てをしてきた女性。

よほど自立してるのか、あるいはとっくに結婚してるのでは・・・?

芸能界にはいないんだろうな。

どんな女性であれ、今になって結婚を迫るとか、お金を無心するというのも、ちょっと考えにくい。

ではどうして今になって?

岩城さんが社長になったから、急に惜しくなった・・・?

いやいや、それ以前も彼はずっと売れっ子だったから、金や名声がきっかけではなさそう。

となると病気か・・・?

岩城さんの病気のニュースを聞いて、万が一の心配をした?

(まさかの事態になる前に、一度は子供を父親に会わせてやりたいと考える、ってのはあるよね。)

あるいは自分自身が不治の病に倒れて、それで子供に真実を伝えたとか?

それ以外だと、あとは詐欺かストーカーくらいしか思いつかない。

岩城さんとそういう関係だった事実はないのに、そう主張するケース。

犯罪なら、いずれ警察が登場するでしょう。

思い込みの激しいファンなら、うむむ。

やっかいですね。

きわめて偏執狂的なやばいファン、岩城さんにはいそうですものね。

まあ、これはDNA鑑定で白黒つけるしかないのかも。


・・・と、いうわけで。

なぜか岩城さんの子供が登場するケースだと、修羅場は一過性のような気がするのです。

少なくとも、未来永劫、香藤くんが苦しむとは考えにくい。

勝手な思い込みなんですけどね(苦笑)。


以上、妄想でした。

なお前回も書いたとおり、わたし個人は、紫衣くんの素性はちがうと思ってたりします。

岩城さんに子供。

いてもいいんだけど、ちがう気がする(笑)。

ちがうと思いたいだけかもしれないけどね。





●ところで

仮に、もし、万が一。

彼が本当の本当に、岩城さんの子供だったら・・・?

真っ先に想像したのは、なぜか雅彦お兄さまでした(笑)。

内心ものすごく、ものすごーく嬉しがりそう。

(まあ、お相手の女性の素性にもよるけど。)

最愛の弟が「まっとうな男性」であったことに、ホントに胸を撫で下ろしそう。

だけど、でも。

きっとそれ、思いっきり外には出さないと思うのね(笑)。

自重するというか、若干の気まずさを味わうかも。

なぜかというと、香藤くんを気にするから。

香藤くんの表情をちらりと窺って、気遣う様子を見せちゃうんじゃないかなあ。

コホン。

「その、なんだ・・・」

「はい?」

「・・・君にとっては、あまり歓迎しないことかもしれないが、その・・・」

ごほごほ。

「お兄さん?」

「子供に罪はないだろう。君と知りあう前のことだし、だから・・・」

香藤くん、きょとん。

「君も大人だ。ここは広い心で、その、京介を・・・許してやってくれないか」

「・・・!」

香藤くん、仰天。

岩城さん、真っ赤っか。


うっはー(笑)。

*:.。☆..。.(´∀`人)

こういう展開だったら、萌えるなあ。

*:.。☆..。.(´∀`人)

昔あれだけ、香藤くんとの関係をボロクソ詰ってたお兄ちゃん。

でもいつの間にか、彼を認めているんですよね。

岩城さんの最愛のパートナーとして。

弟の幸せのために、欠かせない人だって。

(とはいっても、岩城家の家族の一員だと認めているかどうかはちょっとアヤシイ。)

コミックス『春抱きALIVE』書き下ろしの中の、あのイライラぶりもいとしかった。

岩城さんの手術に立ち会えない香藤くんを、薄情だって本気で怒ってましたよね(笑)。

あの場に香藤くんがいなくてどうする、って。

香藤くん、ホントにそこまで認められていたんだなあ、と。

妙にほのぼのしたものです(笑)。

雅彦お兄さま、いいなあ。





●えっと・・・

他にもいろいろあるんですが、今日はこの辺で。

明日は久しぶりのゆす茶会なのです。

お茶会レポートは、またいずれ。


EDIT  |  01:29  |  『春抱き』雑誌掲載分  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。